過剰保護型のシツケを見直すには、個別指導塾がいい理由。

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ『学習塾』の一覧2013-03-222013-03-22 2013-03-22 2013-03-22 2013-03-22

過剰保護型の親は子供を過度に保護し、細かい関心と注意を払って、まるでベビーシッターのように、すべての仕事を代わりにしてくれて、すべての問題を代わりに解決してくれる。
このような親は、子供はただ勉強をしていればよく、その他のことは気にしない。
そのため、子供が欲しいものは何でも聞いてやろうとする。
勉強以外のことはなんでも準備し、一つの温室を作ってくれる。
勉強と生活で問題が発生した場合、このような親は、過度に介入し、子供が、自分で考えて問題を解決する機会を与えない。
過剰保護型の親は子供がけがをすると過度に保護してしまう。
子供が苦しみとぶつかって、自分自身で問題の解決策を考えさせることをしないので、 子供の独立性や生活能力を育てるための成長家庭を完全に無視してしまう。
また、過剰保護型親は子供の気持ちが悪いのは非常に気を使う。
だからこそ、多くの場合物質で子供の気持ちを変えてやろうとするこのような教育は、子供の情緒の発達に非常によくない。
子供が簡単に誤解をして怒りと悲しみのような感情は表現してはならないと考えるようにして、後でこれらの感情が爆発すれば、かなり不安を感じてイライラになる。
さらに重要なことは、子供が成長する過程で、いくつかの感情を感じるということだ。
そのような感情を感じて受け入れ、また調節する能力を強化しなければならない。
親の過保護は、これが不満と瞬間の感情を治める機会を与えずEQ指数を落としていた後の心理的な障害を起こしやすくしてしまう。
また、過剰な保護は、自己中心的な発想を形成させて、自分は注目されるべき存在だと誤解した考え方を植え付けてしまうことがある。
過剰保護の自覚は、親もその子供も気が付かない。
子供は、色々な大人と接することで、色々なことを学んで行く。
学校、や塾なども。
特に過保護の家庭では学習に関して関心が高いので 個別のマンツーマン指導の塾で色々な生徒の性格を見ている教師に指導してもらうと 良い。

Write a comment