「スポーツ心理カウンセラー・メンタルトレーナー」職業の見通し

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ『メンタルトレーニング・メンタルトレーナー』の一覧2014-12-292014-12-29 2014-12-29 2014-12-29 2014-12-29

スポーツ選手の心理カウンセリングの重要性に対する認識が高まり、スポーツ球団も「メンタルコーチ」を採用する傾向と体育大学に心理学が開設された。

まだ試行錯誤を経てシステムを構築していく段階だが、選手が先にメンタルトレーニングの必要性を感じながら、関係者を中心に徐々に動いている。

今後段階的に自然に伝播され、新しい職業群に位置づける見通しだ。

医療心理カウンセリングと一般心理カウンセリングは、国家公認資格があるが、スポーツ心理カウンセリングはまだ民間資格しかない。

大学に進学するか民間のメンタルトレーナー養成講座を受講し資格を取得する事ができます。

スポーツの分野の理論と実践知識を積まなければならず、通常の心理相談もよく知る必要がありますので勉強をたくさんする必要があるのは事実である。

「カウンセラーは幸せになる方法を学問的に多くを知っている必要があり、その方法を相手に配ることができます。」

この言葉は、すぐにスポーツ心理カウンセラーとしての最初の資質が「学術的な真央する」ということと一脈相通じる。

選手との親密も重要だが、各種心理検査ツールを用いて、各選手に合った時期別カスタムプログラムを適用するためにあり、 徹底的に学術理論に従わなければならない。

心理カウンセリングの分野だけでなく、スポーツにも専門的な知識を持っている必要があります。

学術理論を備えている必要があり、現実に応用することが必要なのです。

正確な事を知ることがなければ、何もしてくれる言葉がない職業がスポーツ心理カウンセラーです。

また、自分の確信なしに他人の心理状態を論じ基非常に難しいことなので、自分を十分に知って自我を静かに立てることができなければ、 この仕事をよりよくしていくことができます。

自分がスポーツを愛していることも考えてみてください。

直接見て体験することがコンセンサス形成の最も大切な財産であるため、スポーツ心理カウンセラーという職業は、必ずスポーツを愛す人が必要だと思います。

Write a comment